読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢ん中

「私はまだ…夢の途中よ! まって!」

↑まぁ、誰のどんなところのセリフか即答出来たら貴方は“どうで症”重症患者です。

タイトル楽曲はどうで症には全く関係ない必殺シリーズの中期のエンディング曲でした。

悪人を殺し日常に戻った必殺〇〇人たちを描写してエンディング…そして光と影の中水滴が落ちていく映像。その中流れる旭先生の伸びる声♪

おとこもぉ つらい〜し〜

おんなぁも つ〜らい〜

おとことおんなはなおつらぁい〜

それでいいのさ いいんだよ

逢うも〜わっかれも〜

夢ん中〜

しばらく演歌系の楽曲で唯一歌える楽曲でした。が、昔のカラオケにはあんまり入ってなかった…。

昔は宴会場で添乗員はひたすらカラオケ係。リクエストされた楽曲のディスクで探しセットしかける。歌っている間に次の楽曲のディスクを探しておく。今みたく通信カラオケなんて無かった時代は大変でした。楽曲も限りがあるから本も薄い。あ、本で楽曲探してたのよ。今はタブレットみたいな機械で探すからカラオケ本って無くなったよね?

あ…あ、1人カラオケ行きたくなった♪

今日のお薦め曲は

『Stand Alone』

Sarah Brightman ♪