読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Black Beauty・・・世界は複雑。模型は単純に

 昔、考えたことがある。

 倫理ってなんだろう、と。

 いいこと、悪いことっていうときに、悪いこととはなにか?法律に違反することだろうか。でも、法律に違反してなければ、何やってもいいってわけじゃないよなぁ、なんて思ったのだ。

 そのときの俺なりの結論は、ちょっとくらいいいと思っても、みんなが同じことをやったら困ることは、やっちゃいけないというものだった。

 それほど、悪くない結論だと思っていた。

 今、窪美澄の『アカガミ』を読んでいるんだけど、これは図書館で借りた本だ。

 最近、でもないんだけど、図書館には毎週行っている。俺は基本、本は買う派。だけど、本棚に入りきらないのと、読みたい本もオニノヨウニあるので、妻からなるべく借りるように厳命されているのだ。

 家庭のことを考えると、賢明な判断だ。

 でも、本を読みながらふと思った。

 みんなが図書館で借りるばっかりになったら、出版社も著者の人もすごい困るだろうなぁ。

 窪さんの本については、『ふがいない〜』から『アニバーサリー』あたりまで、ハードカバー買ってるから、それほど貢献してないわけじゃないとは思うんだけど。

 うーん。

 いいこと、悪いこと、なんか単純にわりきれないものがあるなぁ。

 世界は複雑だ(苦笑)。

              

 模型は単純に行きましょう(笑)。ロータス79。カウルを洗浄したら、デカールの一部がはがれて流れてしまった。まぁ、よくあることではある。

 非常に細い線。どうしたものかな、と思ったんだけど、ここは単純に。使わない同じ色のデカールから流用することにします。

              

 のこったデカールをあれこれさがして、使わないところ。車番は6にしたので、5は使いません。

 ということで、「5」のまわりのストライプを使うことにしました。

              

 う〜ん。ちょっと角度が鋭角だったかな。

 できるかぎりで、調整はしようと思います。乾燥して、動かなくなったらね。でもまぁ、ぱっと見、切れているよりは良いので可、ってことで(苦笑)。

 よかった。模型は単純に行ってくれて。