読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

語遷考。道路標識が変わったら混乱するみたいなもんだ。

 

 

ひとつ前の記事の『語源考。?』で、「きずな」(絆)って言葉に触れた。

 

「きずな」ってのは、現代仮名遣いでの書き方だね。

歴史的仮名遣い、つまり元々の書き方は「きづな」だ。

 

なんで、こんな改定がされたんだろう。

確かに「ず」も「づ」も同じ音だけれど、言葉の成立を考える上では論理がぐちゃぐちゃになる。

 

むかしむかしの日本語は、今より音が多かった。

「ゐ」(うぃ)とか、「ゑ」(うぇ)とか、「くわ」(今は「か」)とかもそう。

実際にそう発音されてたからこその表記だった。

 

となると。

「ず」と「づ」にも、もともとは、微細ながら違いがあったんじゃないか。

日本列島人は、これらの音を使い分けてたんじゃないか。

 

フランス人なんかは、/j/ の音と /dj/ の音を明確に使い分けるし聞き分ける。

(英語でも違いはあるけれど実際には問題にされない。日本人が「です・ます」の「す」を無意識的に /su/ でなく /s/ と発音してるのなんかと似てるね)

 

日本人も、昔はもっと、音の細かい差異に敏感だったんじゃないか。

だとしたら、ここで取り上げてる表記の改定は、論理性をくずすだけじゃなくて、音感を鈍らせる結果を生むものだ、とも言えちゃう。

 

現代仮名遣いは、戦後の1946(昭和21)年に定められた。

ちなみに、漢字の新字体は1949(昭和24)年に定められたらしい。

 

これらについて。

GHQによる、日本人の知能発達・情報伝達・産業発達に、(少なくとも一時的な)遅れを持たせる政策の一環とする意図が含まれてたんじゃないか。

って僕は思ってる。

http://ameblo.jp/eigo-garage/entry-11621674031.html

『文章・表記にみる国家の立ち位置。』

 

それまで身につけてきた書き方が変えられちゃったんだぜ。

それまでに出版されてた本も、重版するならぜんぶ書き換えなきゃなったんだぜ。

 

僕がもってる古本から大雑把に察するに、その定着には10年ぐらいかかってる。

戦後のナン年かに重版された本は、表紙だけ「新字体・現代仮名遣い」(あと「左から右へ」の表記)で、中身は以前のままだったものが多い。

そりゃあ、そう簡単には追いつかない、膨大な量の、かつ余計な仕事だっただろうね。

 

そして何よりも。

『文章・表記にみる国家の立ち位置。』にも書いてるように。

http://ameblo.jp/eigo-garage/entry-11621674031.html

 

遅れだけじゃなくて、それまで培ってきた過去・様式との断絶も、そのたびにある。

これは文化・思想の分厚さにも影響する重大な点だ。

 

世代と世代でのあいだでの、ちょっとした断絶だとか、常識の差異も生まれると思っていいだろう。

 

今でも似たようなことがある。

 

法律だとか制度だとか、用語だとか、ちょくちょく何らかの変更がある。

税率、とくに消費税が変わる。

そのたびに、世間に出回る書籍・印刷物・包装の原板をつくりかえなきゃいけなくなる。

 

そのたびに、あらたに知識を入れなきゃいけなくなる。

膨大な廃棄物がうまれる。

追いつくべき仕事が増えて、そのぶん遅れが生じる。

 

そこから特定のお金の流れも発生するだろね。

仕事(発注・受注・取引・廃棄)が増えるなら、その分の徴税も増える。

特定の人たち・業者に利権が発生する、ってことも考えられる。

 

ともあれ―――。

 

語源考。

語遷考。

 

言葉好き・分析好き・解釈好きがこうじて、自然発生的に始まったんだけれども。

これは、言葉ってものにあわらされてる、日本人の観点・洞察・精神性なんてものを見ていける活動だな。

 

ものの見方・考え方ってやつだね。

日本人にあるものを思いだそうとする・再発見しようとする、って言ってもいい。

 

今とこれからを生きていく日本人として「再解釈」だって可能だ。

原則としては、もちろん、言葉のそもそもの出処を突きとめようとする活動だけどね。

 

我ながら、よい趣味をもったもんだよ。^^

★注目リンク★

『世界挨拶運動』 https://www.facebook.com/world.greeting.movement

Facebookを通して、世界各地から 全世界へ!

【世界挨拶運動 31日31夜カレンダー】☆無料です!^^

https://upub.jp/books/21002

1日の始まりと終わりに。ひと月つづくメッセージの贈り物。

『みんなを被曝から守ろうとしない政府・政治家は要らない。』

http://ameblo.jp/eigo-garage/entry-12147034225.html

ほか重要記事・記事一覧リンク集。ぜひ一度ご訪問ください!

『監視・操作されてるソーシャルメディア。』

⇒事実1&2 http://amba.to/2giThBL

⇒事実3 http://amba.to/2giXrcV 【重大内容】

国連にフクイチ問題解決への介入を嘆願しよう!』

http://amba.to/K8ms2T コピペして国連送信

どれも、あなたの力・みんなの力が必要です。

拡散にご参加くださいませ!m(__)m

ヒロシネスの歌!(3曲アップ)

https://www.numberonemusic.com/hiroshiness

NumberOneMusic全ジャンル総合で日本1位になりました!

世界のみんなに楽しんでもらえて嬉しい!O(≧∇≦)O

★ 香取ヒロシの電子書籍

総計1万ダウンロード突破しました!!

「いいね!制」で全9作を無料に設定! ぜひお役立てください!\(^o^)/

☆ダントツの処女作!☆

===

日本民族混交草】 6400ダウンロード突破!

http://upub.jp/books/9646 日本人みんなに知ってほしい真実。

☆好評! 愛の小冊子シリーズ☆

===

?【愛が行き渡る世の中を創る】 1700ダウンロード突破!

http://upub.jp/books/10571 競争はなくせる。「嬉しい」が満ちる社会になる。

--

?【愛があるならこの世は天国】 800ダウンロード突破!

http://upub.jp/books/10577 現社会での立ち位置を見出す。愛を広げていく。

--

?【愛が満ちればお金が消える】 1400 ダウンロード突破!

https://upub.jp/books/13152 循環システムをさらに描きだす。嬉しい社会は現実のものへ。

--

?【愛と呼ばれる物は何なのか】2年半ぶりのシリーズ新刊!(2016/11/12)

https://upub.jp/books/20847 愛は物理学で解き明かされるものだった。物理的なものだから。

☆ノンフィクション☆

===

【あなたと、わたしと、自由な人。】たて続けの新刊!(2016/12/12)

https://upub.jp/books/20907 1999年1月。ロサンゼルスで起こった突然のふたつの出逢い。

--

【正義とミステイク ? 逮捕・拘留 編】さらに続けて新刊!(2016/12/18)

https://upub.jp/books/20959 2004年8月、ロンドン。逮捕から裁判に至る実体験の前短編。

☆語学革命シリーズ☆

===

【ネイティブみたい! 英語はつおん練習帳】

https://upub.jp/books/18160

発音という根が貧弱だと言語という樹は育たないし広がらない。

発音をやると大きく育つし広がる!

--

【ゼロから始めよう パーフェクト! 英・会・話!】

https://upub.jp/books/18264

家族いっしょに マンガで英語生活を体験!

ぜひぜひ、ダウンロードいただいて、お友達にも教えてあげてくださーい!\(^o^)/

そして叶うなら、あなたの「言い値!」で僕を応援してください。m(__)m