読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旧世代軍

三銃士残党に天龍、長州、ハンセンまで出てたしアニマルさんや現役ノア勢まで出てたんだからテレ朝的にはよく頑張った方だったのではないか。中邑は契約の関係だろうし藤波が出てなかったのは多分本人が辞退したか会社的な事なんだろうと思われる。

編成が結局深夜だったのはしょうがないとして、多分ランキングを現役とレジェンド枠で分けた方が色々見れて良かったんじゃないのか?という辺りが気になった。

番組内でも言っていたがプロレスは一回ほぼ滅亡している。細々と棚橋辺りが頑張ってる間に新日にいいスポンサーが入って今ようやくここまで来ているんだが、滅亡前のオールドファンと復興後の若いファンの間には昭和ライダーファンと平成ライダーファンくらいの差がある。継続的に生ぬるく観察している俺は両方の人と接触があるが、ファン世界の「俺たちの世代」と「新世代軍」はご本人たち以上に全然話が噛み合わない。旧世代の人たちは鶴田凄かった三沢凄かったばかり言って全然オカダや棚橋を認めないし、今のファンは今のファンで天龍と本間を同列に見ていたり猪木や蝶野をビンタ枠としてしか見ていない。

WWEなんかを見ていると高齢者のレジェンドがそれなりにショーアップしてもらって出ていたりしてファン界に一定の継続感を持たせるように工夫しているようだ。

世代間断絶は何もプロレスファン界だけの話ではないが、もうちょっとお互いに理解を深めてほしいもんです。

1位はやはりアントニオ猪木! テレビ朝日『プロレス総選挙』