読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花観月  黄木香ばら

 モッコウバラとのつきあいは、もう…、うーん、10年以上にはなるのかな。ここんちに越してきて、数年経った頃に買った。

 私は、バラは剣弁型高芯咲きが好きで、それ以外はあまり興味はなかった。にもかかわらず、丸弁型平咲きのモッコウバラを買ってしまったのは、ひとえに柔らかな黄色をした花色に惹かれてしまったからだった。

 さて。モッコウバラ。買ったはいいけど、我が家には庭という物がない。家の脇にわずかに土はあるけど、日中でも全く日が当たらず、…けど、そこしか植えるところがなかったので、そこに植えて、せめて陽の光を取り込んで欲しいと、むりくり伸ばした枝を近くにあった柱に固定して、なるべく葉っぱに日が当たるようにした。そんなだったから買った年は花は咲かず、それでも枯れることなくシュートを伸ばしてくれたので、翌年Fさんに棚を作って貰ってそこに絡めるようにした。少しづつでも大きくなってくれることが嬉しかったんだけど、成長を喜んでいたのは最初の数年だけ。とにかくね、この子は発育がいいんだ。花が終わるとシュートを次々伸ばし、Fさんの作ってくれた棚を覆い尽くし、さらにはベランダにまで伸び、放っておいたら2Fの屋根の上にまで伸びてしまった。ここまで来るともう大変。枝の重みで屋根が落ちるんじゃないかと懸念するくらいに伸びまくったので、危機感を覚えたFさんが、ベランダの柵あたりでばっさり切り、以降はだいたい毎年同じような形で落ち着いている。

 とにもかくにも、発育が旺盛なので、ちょこっと油断してると、お隣さんちのベランダにお邪魔していることもあり、夏以降は枝きりが大変だけど(←って、大変なのは主にFさんだけど)、やっぱり毎年たくさんの花をつけてくれるので凄く嬉しい♪

 今年もモッコウバラの季節が来たので、ベランダや外から眺めては、カメラ片手ににへらへらとしている毎日だ♪♪

 4月19日にはまだまばらだったのに、

 4月22日にはもうこんなに。

 4月24日。

 4月26日。

 以降、いつも5月半ばごろまでは楽しめる♪

 空とモッコウバラ

 カエデとモッコウバラ

 スズランとモッコウバラ

 ちなみに。

 ふだん『モッコウバラ』と言っちゃってるし、大概の場合『モッコウバラ』と言って連想するのも、人に言って通じるのも黄色の方だけど、実は『モッコウバラ』ってのは白い花の方で、黄色い方は『キモッコウバラ』になるんだよね。…ってことは、白い方が最初だったのかなあ? けど、お店においてあるのって圧倒的に黄色い方が多い。以前白いのを買おうとしてなかなか見つからなくて、何軒かハシゴしてやっと買ったって記憶があるほど、白い方って少ないのにな。なんだか不思議な感じのするハナシだ。