読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の手が囁いている

主人公の美恵子さんは 健常者と結婚した 彼女は 結婚が 幸せより 怖いと話した、彼女は 耳が不自由だから 一人で生きて行くつもりだったそうで 健常者と 結婚を するのは 幸せすぎて ほんとうに ついて行けるか 彼は 健常者が 良くなるのではないのかと 思っていたようです。彼女は 彼と結婚が出来たこと自体に ほんとうに 感謝を していました。だから 結婚記念日のローソクは 毎年謙虚に 一本だったそうです。そんな 彼女のような 心になりたいです。